屋上緑化するとどうなるの?緑を取り入れる意味!

どうして屋上を緑化するのか

屋上緑化とは建物の屋上部分に草木や花を植えることです。現在、商業施設の屋上部分に草焼きを植えているのを見かけるようになりました。屋上を緑化すると、ヒートアイランド現象の緩和に繋がります。

都市部の気温が周辺の気温より高くなるヒートアイランド現象が問題になっており、ビルの密集や車の排気ガスなどが原因として考えられています。夜になっても気温が下がらず熱帯夜が続き、都市部の生活者には困った問題です。

このようなこともあり緑地地域制度が設けられ、用地地域が指定されている区域内では敷地面積1000平方メートル以上の建物には屋上の緑化が義務付けられています。植物により遮熱し、蒸散作用で気温の上昇をおさえようというものです。

一般住宅の屋上を緑化すると

屋上緑化は一般の住宅になると普及していないのが現状です。一般住宅も商業施設やオフィスビルのように屋上を緑化できます。屋上を緑化すると、ヒートアイランド現象対策のことからもわかるように断熱の効果を期待できます。

屋上は太陽の日光を直接受ける場所なので、夏場は非常に温度が高いです。ところが緑があると日光と屋根の間に緩衝するものがあるため、温度の上昇をやわらげてくれます。この結果、夏場のエアコンの温度設定も高めで運転でき、涼しいときは止められるので省エネになります。また、冬も室内の熱を外界へと逃しにくくしてくれるのも屋上緑化の良い点です。

このほか、建物を保護する役割も屋上緑化にはあります。紫外線や酸性雨から建物の屋根部分を守ってくれるため、劣化を最小限に留められます。

屋上緑化をすれば、屋上の温度を下げて冷房の電気代の節約にもなりますし、緑が心の癒しにもなってくれます。