和菓子にする?それとも洋菓子?オススメのお土産スポットをご紹介!

意外と知られていない洋菓子の穴場「浅草」

雷門や浅草寺がある浅草は日本らしい和風な観光名所として人気があり、国内だけではなく海外からもたくさんの旅行客が訪れています。特に日本で最も古い商店街の一つである仲見世通りは着物などの和装品が売られていて、和テイストのお土産を探すにはオススメのスポットと言えるでしょう。そんな浅草では人形焼や雷おこしなどの和菓子がお土産として有名ですが、最近では洋菓子の人気も高くなっていることを知っていましたか?和菓子に気を取られて見落としがちですが、浅草には抹茶を使ったパンケーキや季節ごとに違った風味を楽しめるプリンなど、たくさんの洋菓子が売られています。その中にはお土産にするのにもぴったりなクッキーやパウンドケーキもありますから、洋菓子のお土産を考えている方はぜひ浅草に立ち寄ってみてくださいね。

東京駅で買える個性豊かな和菓子たち

赤レンガで造られた洋風なデザインが特徴の東京駅では、ジャンルを問わずにたくさんのお菓子が売られています。そんな東京駅は外国人観光客も多いため、日本らしさを味わって貰えるように和菓子の取り扱いも豊富です。また、駅周辺のデパートにはいくつもの和菓子店が入っていることもあり、東京駅に立ち寄れば和菓子のお土産は選び放題とも言えるでしょう。東京お土産の定番であるお饅頭やお団子はもちろんのこと、風変わりな形をしたお煎餅や色々な味のかりんとうなど、東京駅周辺を歩いているだけで数々の和菓子を見つけることができます。和菓子のお土産に悩んでいる方は一度、東京駅に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

カンパネラ(campanella)」はイタリア語で、「鐘」(特に小さな鐘)の意味があり、人名に用いられることもあります。