一人暮らしだけど犬を飼いたい!必要な準備と入手方法について

まずは飼育環境を整えること

大前提として、ペット飼育可の物件でなければ犬は飼えません。戸建てであれば問題ありませんが、犬を迎える前に大家さんや管理会社に必ず確認しましょう。また、犬を飼育するためのスペースや費用、時間を確保するなど犬を迎える環境を整えることも大切です。毎日のエサ代や病気・怪我をしたときの診察代、犬用シャンプーなどの日用品代といった経済的負担が増えますし、散歩・お手入れ・しつけなどにかかる時間も考慮しなければなりません。急な出張や用事でペットの世話ができないときに代わりに預かってくれる人を確保しておくことも必要でしょう。

一人暮らしでも飼いやすい犬の特徴は?

一人暮らしでも飼いやすいのはやはり小型犬です。広いスペースを必要としないため、単身者向けのマンションでも飼うことができます。大型犬に比べると運動量が少なく、毎日の散歩にかかる負担も比較的軽くて済みます。また、毛が抜けにくい犬種を選べば部屋の掃除が楽ですし、犬のお手入れにもあまり手間がかからないというメリットもあります。性格が穏やかで、しつけがしやすい犬種もおすすめです。無駄吠えすることが少ないので、近所迷惑になる心配も少ないでしょう。

犬はどうやって入手するの?

いろんな犬種を気軽に選びやすいのはペットショップです。飼育に必要となる各種グッズも一緒に購入することができて便利です。無料で犬を迎えるには里親になる方法があります。しかし、希望の犬種が入手できるとは限らず、成犬の場合はしつけがしづらい場合もあるようです。特定の犬種が決まっているのであれば、ブリーダーから譲り受ける方法もあります。その際は犬種の特徴や注意点などを熟知している経験豊富なブリーダーを選ぶことがポイントです。

自宅で子犬を飼いたい場合は子犬をどこかで購入する必要があります。子犬販売なら東京都が最も多くの販売店がありますのでおすすめです。